早漏を治す方法

MENU

早漏とはどんな現象?

セックスは女性の膣内に男性のペニスを挿入し、男性は絶頂に達すると射精します。

 

たいていの場合射精をしたら、勃起は消失しそれ以上の性感は得られずベニスは萎えて膣から抜けてしまいます。

 

それまで性的好奇心を満たすのに夢中だった男性が急に醒めてしまうのです。

 

このように早漏は女性が性的満足を得る前に男性が射精をしてしまう現象です。

 

膣内に挿入して1分以内に射精してしまうのが早漏という記述を見かけますが、女性が満足する前に射精して性交の継続が不可能になれば、たとえ30分挿入していても早漏となります。

早漏を治す方法

早漏は詰まるところ、自分の思うとおりのタイミングで射精のコントロールができないというものです。

 

なぜうまくコントロールができないのかというと、普段しているオナニーの刺激と女性の膣の締め付ける刺激が違うからです。

 

普段からの刺激を女性の膣から受けるものと同じようにしておけば射精のコントロールが付きやすくなります。

 

まず女性と普段セックスする機会が豊富であれば何度でもセックスして膣の感触に慣れておきましょう。

 

ほぼ毎日、10回もセックスしていたら体が馴染んで来てうまいタイミングで射精できるようになります。

 

女性と簡単にセックスできる関係でない時は、オナニーを工夫することも一つの方法です。

 

ラブグッズにオナホールと言う女性の膣の感触に似せた製品があります。

 

オナホールの穴にローションをまぶしたペニスを挿入するというやり方でオナニーをしてください。

 

オナホールは名器と呼ばれる膣内の構造を再現していますので十分練習になります。

 

早漏を治すにはペニスへの刺激に慣れるのが一番と言えるでしょう。

早漏でも構わないと開き直る

ただ、女性が不満を抱くのは性的満足が得られなかっただけでなく、その後の男性の醒めた態度にもあります。

 

そこでまず考え方を変えてみましょう。

 

早く射精してしまっても勃起の回復が早く性交の継続が可能であれば問題ありません。

 

二度、三度とセックスに挑むことで女性の機嫌はなおるものです。